FC2ブログ

秘境シャングリラ 俺の細道

自然を主とした旅行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2013年4月から、海外逃亡偏 ベトナム ホイアン HOI AN

001dtfygihgiugh678.jpg


3日間、滞在した古都フエとおさらばする日が来た。

丁度今日からベトナムは5連休のお休みだそうだ。(4月27日から5月1日まで。)

駅前にバスツアーの看板を目にする。

ハノイからサイゴンまで途中下車できるツアーだ。

汽車に比べるとバスは格段に安いが事故も多いと聞いている。


002fthbhhgi890.jpg


フエ駅の線路。

一時期ベトナムに新幹線を走らせる大型計画があったが、国家予算1年分もの経費

がかかるということで取り消しになったそうだ。

・・・・というか、ベトナムになぜ新幹線が必要なの?


004dtfygkhifu.jpg


わしは、フエからダナン行きの汽車に乗る。

午前8時2分発、ダナン着10時31分 運賃98000ドン SE1号

当日にわかったことだが、なんと切符をソフト寝台の上段を買わされていた。

そしたら、同じコンパーネントのベトナム人男性もダナンに行くそうだ。

連休初日で切符の手配が混んだのだろうか。wwww???


005dtgvjhvvui.jpg


同部屋の男性のひとりは、英語を話す教師だった。

とても親切でまじめな方だった。

自分のゴミをきちんと持ち帰るほどの律儀な方だった。

別れ際、固い握手を交わした。

キスはしてくれなかった。wwww


006dtfykjhbiuufgyufu.jpg


車内は、子供たちが海が車窓から見えるたびに、気勢を上げていた。


007tfkigigigi.jpg


わしも童に戻った気分で、子供たちをからかってふざけ遊んだ。

しまいには、両親にわしまで怒られた。wwwwww


009dtfuygiho.jpg


ダナンには苦い思い出がある。

20年前訪れたとき、ひどい下痢で宿に寝込んだ。

そのとき、宿のフロントで働く女性が往診の手配をしてくれた。

時々食事、水の世話もしてくれた。www

すんごい、アオザイの似合う美人だったことは覚えている。

英語も堪能でハットするほども美しいベトナム女性だった。

鮮烈な記憶はやはり美人に出会えたときだ。wwwww


010dsrvigigiugi69.jpg



ダナンの町というと、港に寄って商店を歩きさまよった記憶と、寝込んだ記憶しかない。wwww

さて、ダナン名物の麺を食べる。

mi quang・・・・・という太めの麺に辛めのたれを混ぜて食べるのだ。



011vbedfwodrwewe434.jpg



きしめんみたいに太くてうまい。

複雑な味で言葉で表現できないけど、付け合せの野菜がうれしい。

!!しかし、この野菜、リサイクルしていた。げっ。

しめて2万ドンなり。wwwwww



012rdfcggvjguyguiiu6.jpg


1泊する予定だったダナンの町。

しかし、安宿が見つからない。どこも30万ドンもする。さすが大都会じゃ。・・・・

ビルが乱立する商業中心の町。

したがってスルーパスして、・・・・・



※ 記事が面白かったらクリックしてください。



にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村



まだまだ続きます。 ↓




013-dygbjuhihihi768.jpg


014dtfgkhhoih98.jpg


ホテイ様とも記念撮影もしたことじゃし、・・・・・

015dftgfjggik789.jpg


うるさい客引きドライバーを避けながら、

バス停も発見したことじゃし、・・・・・


016vcsgdisdhiswd89.jpg


HOIAN ホイアンに向かうぞ、!!


018vdysvgdugdwsds.jpg


運よく、けちでちんけなわしにぴったりの・・・・

路線バスを見つけたのじゃ。wwwww

おばさん車掌が最初、運賃5万ドンとか抜かしたが、

隣りに座るおばさんが3万ドンを財布からだしたので、

猛烈に抗議した。!wwwww

こういうとき、自然とベトナム語が口から出るんじゃのぅ!!?wwwwww


019bdcsjudhisdwsdws.jpg


一応、世界遺産の町だからけちでちんけわしにはだめかも。?

さて、それではホイアンの町並みを拝見いたしましょう。

黄色の壁とふるい時代に交易で栄えた町。

さぁ、歩きまわりましょう。


次回更新はすぐですよ。wwwwwww




続。


※ 参考にしてください。

チャンパ王国時代からの古い港町で、16世紀にチャンパは南に後退し、フエに広南阮氏政権が樹立されるとその外港となった。ホイアンの名称はその頃に成立したと思われる。16世紀末以降、ポルトガル人、オランダ人、中国人、日本人が来航し国際貿易港として繁栄した。1601年には広南阮氏は徳川家康に書簡を送って正式な国交を求め、江戸幕府との取り引きが急速に拡大した。約30年間にわたる朱印船貿易のうち、広南には71隻が入港した。ホイアンには大規模な日本人街や中国人街が形成され、1623年にはオランダ東インド会社の商館も設けられるなど繁栄をみせたが、間もなく江戸幕府の鎖国により日本人の往来が途絶え、オランダの商館も1639年に閉鎖された。17世紀後半、清朝と鄭氏台湾との対立から遷界令が出されたことは、さらにこの地域の交易を停滞させ、一時期の繁栄は失われていった。1770年代には西山(タイソン)党の乱によって町は完全に破壊されたが、やがて再建され、19世紀まで繁栄した。しかし、ホイアンと海を結ぶトゥボン川に土砂が堆積して浅くなり、港の繁栄はダナンに移った。

一方で、街並みは残され、ベトナム戦争時代に破壊されることもなく、現在に至るまで当時の繁栄ぶりを今に伝えている。




002dtfgbjkhbkgguit678.jpg


町をぶらぶら、腹が減ったな。

ホイアン名物料理を食べなきゃならない。

まずは屋台のそば屋へ・・・・

おっと! これは・・・・・CAO LAU カオラオというきしめん風の太麺に

醤油味のタレを混ぜて食べるらしい。



003xgvjbigigi9.jpg


麺は米粉でできていると、叔母さんが言っていたが。・・・

うまいよ。

これならいける。1杯3万ドンでした。


004xfgchvjvjkixrdfvgig.jpg



街は川沿いにたくさんのレストラン商店が並ぶ。

夜は、一層賑やかになり、


005rdftgyhbjkhb89.jpg


色とりどりのランタンで鮮やかだ。


006drdcvbkibkjbhb.jpg


タイのナイトバザールを真似て?

それにしても外人(西洋人)がどっと押し寄せ、

ベトナムの情緒が失われ、

現地人は商売だけにひたむき?


007srfygggigyui878.jpg


観光地、特に世界遺産なんかになると、あかん。

テーマパーク化してしまい、喧騒と商売ばかりになってしますね。wwwww

地元の人々は生活が潤うけどね。

今夜も安飯主義のわしは、一軒のレストランに入る。


008ctfuvgigi.jpg


生ビール1杯3000ドンのメニュー看板に釣られてしまい、


009dctfuygihioho.jpg


全部で5杯も飲んで、おまけにホイアン料理を頼んだ。wwwww

こちらの料理は、英語名 ホワイト ローズ

ベトナム語名は、banh bao banh vac

米粉の皮に、エビのミンチをのせ、巻いて蒸している。

上にガーリクフライをかけてあり、アマダレにつけて食べる。

うんまいよ。NGON! 4万ドンなり。



011xrfvhihiuy89.jpg


調子こいたわしは、ビールの酔いも手伝い、可愛い女の子の笑顔にのり、

もう一品。

横に座る西洋人カップルは、瓶ビール1本にパイナップルだけでアツアツ!9841!


料理名 hoanh thanh chien

雲呑?の皮を油で揚げ、上のソースはトマト味ベースに玉ねぎスライス パイナっプルなどを

絡めたようだ。

甘くてサクサク感の歯ざわり、そして見た目が豪華。

5万ドンなり。wwwwww


012dtfkhbhh78.jpg


かなり酔い、反省しながら帰宅の途へ向かう。

相変わらず、バイク 車が多くなぜかげんなり。wwwww

レストランと言っても屋台、大衆食堂と値段が変わりませんよ。

そうだ、女の子の写真撮ること忘れたわい。wwwww

マッサージ屋も立派だこと、


013dtgfvbhiuhgiuy6789.jpg


ホイアン初日に借りた部屋は、中心地からとても近い。

アオザイ服の店員に乗ってしましい、ついついチェックイン。

この時期大変宿が混み合うとか。?

ファンルームで1泊25万ドン。

連泊するから値引きしてくれるよう頼んだが、返事はNO.

強きである。wwwwww

テレビは壊れ、灰皿なし、ネット回線だけは良好であった。wwwwwww

明日にでも宿替えするか?





※ 記事が面白かったらクリックしてください。



にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村



まだまだ続きます。 ↓



014xctgvbhjbjsodjow.jpg


前日飲みすぎて早く床に付いたため、翌日の朝は早く目覚めた。

宿替ついでに朝飯探しに出かける。

うまそうな目玉焼き?


015hdihfiehfierr34.jpg


現地人が家族連れで食べに来ている。

朝飯屋台がこの通りにはたくさんあった。

もちろん外人で食べにきているのはわしひとり。


016fctfygughuhi79.jpg


ベトナムも地域によってたくさんの料理があるんだね。

半熟卵にパンをつけて食べる。

嬉しいことに野菜が付いている。!


017dtguhihjijio.jpg


食べることも勉強よ。

店主に料理名を尋ねた。

BANH MI OP LA。

オプラとはオムレツと言う意味らしいよ。

しめて15000ドンなり。


019dctgfvhbhi.jpg


宿はどこも満室で仕方がないから、昨夜の宿で我慢する。wwwww

テレビが壊れているから変えてくれと頼んでも、

壊れているから仕方がない・・と言う始末。

世界遺産の町だからと需要が多いから強気の姿勢だ。wwwwww

日本橋だそうだ。wwwwww

020xdtfyguhi.jpg


日本人の団体が訪れていた。

フエダナンホイアンを訪れるのか?


021bjedfefwdwd.jpg


日本橋からつながる通りは、有料らしい。

しかし、わしは無料で入れた。?

歴史は感じるが、大したことはない。wwwww


022bxbcjcsdsdsd.jpg


歴史のある街であるが、風景はさほど特色も感じない。


024cvbjhihii.jpg


マイナーな街にも黄色の街並みあるでよ。wwwww

わしの友人が暮らすイエンバイにも、こういう家に彼女は住んでいる。wwwww


025dtfvbjhihihi08908.jpg


家屋がほとんど商店になっていて、景観を損ねているようだ。

以前、NHKのビデオを見たとき、いい感じの街並みに思えたのだが、・・・・・

往来するバイク 車、人ごみと商品が風情をなくすのだろう。

白人はこう言う感じを好むのだ。


026vbjdbvjdfdff.jpg


地元の人々の多くが英語を話す。

だから言葉に不自由はしない。?


027vcxcscsdsd.jpg


・・・・・・がしかし、多くが商売人、または仕事をしている人々。

028xchbjjhuiu.jpg


だから外人観光客も来れるのだ。wwwwww

029cxvbjhhoho.jpg


現地人は仕事をしている女性だけが、アオザイを来ているようだ。

写真の女性はガイドさんだろう。wwwww?


030cxscsfdffef.jpg


瓦屋根は、そうだ、中国雲南省にあるリージャンの町に似ているな。


034cvjbjugugu779.jpg


リージャンの町も世界遺産だったな。


035dtfyguhi.jpg


どこの世界遺産もそうだが、どっと観光客が訪れるとテーマパーク化して

本来の良い風景 風情が逆に失われるようだ。

そう感じたのはわしだけだろうか?

マイナーな町こそ、ローカル色が強くておもしろそうだ。

世界遺産は、西洋人が勝手に認定しているのだ。wwwwwww

昔は、この街ももっと風情があったのだろうな。

だってフエの町も20年前はとてもよかったよ。

現在は都市化して便利になっただけだ。wwwwwww

買い物 飲食するの洒落たお店が多くていいと思うけど。

けちでチンケなわしには????

続。




※ 記事が面白かったらクリックしてください。



にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/04/27(土) 17:34:44|
  2. 2013年ベトナム ホイアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013年4月から、海外逃亡偏 ベトナム ホイアン HOI AN  その2 | ホーム | 2013年4月から海外逃亡編 ベトナム フエ(HUE)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomodachi3434.blog72.fc2.com/tb.php/320-104cc45a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ともちゃん2号

Author:ともちゃん2号
わしのブログは2つありまして、
フィリピン関係はフィリピン針生旅日記。
フィリピン以外の国は、
こちらでご覧ください。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
ご挨拶 (11)
日本 大阪 (2)
新鑑真号 (1)
中国 上海 (1)
杭州 (4)
南京 (3)
河南省 鄭州 (3)
西安 (4)
四川省 成都 (1)
黄龍渓 (4)
四川省 小金市 (3)
四川省 四姑娘山 (5)
麗江 (6)
シャングリラ (6)
大理 (4)
昆明 (2)
建水 (5)
元陽 (7)
河口 (2)
蒙自 (2)
景洪 (5)
孟海 (1)
打洛 (1)
モンラー (1)
モーハン (1)
南寧 (2)
ハノイ (3)
マカオ (3)
中越旅行 (12)
珠海 (1)
ハロン湾 (1)
ベトナム サパ (7)
ベトナム ドーソン (2)
 ベトナム ハイフォン (1)
ベトナム イエンバイ省 (4)
ベトナム ハノイ (3)
ベトナム CAT BA島 (1)
ラオス ルアンナムター (2)
ウドムサイ (1)
ノンキャーウ (1)
ムアンゴイ (3)
ルアンパバーン (6)
バンビエン (2)
ビエンチャン (1)
ラオス  フェィサーイ (1)
ラオス  サワンナケート (1)
ラオス  南部 コーンの島々(シーパードーン) (1)
ラオス  チャンプサーク ワットプー (2)
ラオス  コーンの島々  コーンパペンの滝 (1)
ラオス  コーンの島々 (1)
ラオス ボンサリー (1)
ミヤンマー タチレイク (3)
タイ バンコク (2)
チェンマイ (2)
メーサイ (2)
タイ チェンセーン (5)
タイ  チェンコーン (1)
ワット ラングポーン (1)
タイ  ナコンパノム (1)
タイ   パタヤ (3)
カンボジア   プノンペン (5)
カンボジア  シアヌークビル (1)
オーストラリア ブリスベン (18)
 オーストラリア ゴールドコースト (29)
フィリピン旅行? (1)
ラ ユニオン サンフェルナンド (1)
フィリピン アンヘレス (1)
その他 (0)
自作小説 (8)
ベトナム ラオカイ (1)
2013年海外逃亡編ベトナム ナムディン省 (2)
2013年海外逃亡編ベトナムドーソン (1)
2013年海外逃亡編 ベトナム クアンビン省ドンホイ (0)
2013年ベトナム クアンチ省 ドンハー (1)
2013年ベトナム フエ (1)
2013年ベトナム ホイアン (2)
2013年ベトナム クワンガイ省 Son my村 (1)
2013年 ベトナム ゲアン省 VINH (ビン) (1)
ベトナム ニンビン省 ニンビン (1)
2013年ベトナム タイビン (1)
ベトナム ハノイ バッチャン (1)
2013年中国 河口 (1)
2013年 タイ バンコク編 (1)
2013年 タイ チェンマイ (1)
2013年 タイ北部 パヤオ (1)
2013年 タイ北部 ランパーン (1)
2013年 タイ北部 スコータイ (1)

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。