秘境シャングリラ 俺の細道

自然を主とした旅行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2013年 タイ チェンマイ ワット ランポーン(瞑想寺)

011DCVVFCTVVBI.jpg


サワディークラップ!!

さて喧騒とハイテク化してきたBKK(バンコク)に飽きてきたわしは、

乱れた精神をリハビリ兼ねて一路、北部チェンマイの瞑想寺へと進路を変える。・・wwwwww

フウァランポーン駅から、北部東北部行きのバスターミナル、モッチットバスターミナルへは、

49番バスに乗るのだ。

この日はなぜかバス賃無料だった。

約1時間半もかかったので、次回は地下鉄に乗るか?・・・・・


012DCTYCVVIGIB.jpg


チェンマイ行きは、前回はカオサン通りで毛唐たちと同じバスに乗ったが、

カオサン通りは異様に感じて、好きではないので

久々にローカルバスターミナルから飛び乗る。

650バーツのVIP?3列シートのエコノミー症候群予防のために、

大金?をつぎ込む。・・wwwwww


013XRFGCVVBVBKI.jpg


バスターミナルは、冷房もほどよく効いて快適。

・・・・その分、運賃がペーン!!(高い!)

約30年前は、ノンエアコンの赤バスでバンコクからプーケットまで走ったものだが、

今じゃ サバーイ サバーイ。

時代は変わったが、鳥飯、カオマンカイの味は変わっていなかった。・・・wwwww


002vfrrfgrfexcrbrf.jpg


ターミナル内をぶらつくとカンボジア行きの直行バスが。・・・・

パタヤ、カンチャナブリ、・・・その他近郊路線も多数あるようだ。

わしは、毎度同じルートは嫌いなので、変人なのかいつも同じ町に行く場合は、

別ルートを検討する。・・wwwww


001vrfrefefef.jpg


夕方6時になると、タイ国家斉唱。

わしも起立してタイ人化する。?

下半身は未だに起立しておる。・・・・爆wwwwww


004vdfvccxcg.jpg


バスは快適だったが、テレビモニターを見る乗客が深夜まで音をだしていて、

睡眠の邪魔をさせられた。wwww

ハイテク化は、いいようで良くない面もあると思う。

タイ人はただでさえ、おとなしく控えめなので?

話かけられることはベトナム人と比べると皆無である。?

バーのネーサンたちは別だけどね。・・wwwwww


005tgcdcdfv.jpg


VIPバスは、お菓子付き、女付き?・・wwwこれは冗談であるが、

さらに夜食付きである。

これは、以前も変わらず同様であった。

なお、補足だが、ベトナムのバスでも夜食付きがあったのだ。(食い放題)!!!



006vfvceecrgvr.jpg


パーキングサービスは過去に比べ、綺麗!

スエイ!だねぇ。・・・・(綺麗という意味)


007vfveecrgvrvgb.jpg


デコトラ真っ青、!

カラフルデコバスで、日本のデコトラトラック野郎も驚くぜ。!!wwwww


008vbfvhnyygthfv.jpg


お金ある方は、好きなだけ食べてください。・・wwww


009btgrfefrefgrg.jpg


家族、恋人 友達にお土産を買いましょう。

わしは、ケチで過去にサンタさんをフィリピンで経験したので

もうやめた。wwwwwww


011vfrvrgrgrg.jpg


約20年来の縁を持つ、

チェンマイ郊外にある瞑想寺 ワット ランポーンに今回も入門するぜ。

ハードだけど、・・・サバーイなんだよね。

012vfvfrbrfreferf.jpg


人種、宗教問わず、人間なら誰でもOK.

しかし、麻薬常習者、不健康な方、規律を守れないなど、寺を宿代わりに利用するおバカさんなどは

断じて入門できんからな。・・・wwwwww

タイでは、寺 僧侶 仏教に対してとても厳格であるから、このことは承知してください。






気が向いたら更新します。・・wwwwwww


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

013ttgfdcdc.jpg


顔馴染みの外国人担当者の僧侶に入門手続きをすると、

彼曰く、今日からいいよ、・・・

と言われ、早速部屋と衣服 タイムウオッチをレンタルする。(合計400バーツお布施)

写真2枚 パスポート ビザのコピー(寺院で1バーツ払うとしてくれる)

それから入門申請書に記入する。(緊急時連絡先明記必須。瞑想中 発狂する場合もある?)

・・それからだね、日常会話程度の英語 またはタイ語は条件です。

通訳いればOK.


010vbfbtbhrfrc.jpg


写真は朝飯のお粥である。

一日の始まりを紹介しよう。


起床4時、寺の鐘が鳴るから、目覚まし時計必要なし。

6時半ごろから朝飯

10時半ごろからその日最後の昼食

午後2時すぎから先生とのマンツーマンでの瞑想指導と報告。

夜10時に就寝。

それ以外の時間帯は瞑想をする。


015vfvrfrfefef.jpg


読書禁止、(仏教書物も禁じる)

音楽聞くこと、演奏 歌うことなど禁止、

携帯電話での会話 ゲーム ネット禁止(当たりまえ)

他人との会話極力禁止。

無駄に集中力を使うし、素人から悪い影響(瞑想のこと)を受けかねないからだ。

自分よりステージが高い先生とだけ会話することが望ましいと思います。

飲酒 昼食後の飲食禁止。(飲み物はOK)

性行為もちろん禁止。

付け加えるが、自慰行為 いわゆるマスターベーションだな、

これもやめてくれたまえ、無駄なエネルギー消耗となるからな。・・・wwwwwww


017bfgvrgrgrg.jpg


もし、自分にあわなければ、先生に断っていつでも退場はできる。

最終日、お布施はするべし。

仏教は布施が基本である。

金がない人は、寺で仕事をすとか、広報活動するとか、

それも布施である。

光熱費、先生から指導を受けて、飯食ってタダで済ませるなどと言ったチンケな

考えは良くないからな。・・・wwwwww


014vfvfvrgrtbhrtbrg.jpg


写真はある日の昼食である。

ローカルタイフードでとてもアロイである。(おいしいという意味)

お替り自由であるが腹を壊さないように。

なお、食事前には僧侶の読経と我々も感謝を意味するお経?を唱える。

頂く前に約20分くらいは辛抱じゃ。・・wwwww

なお、麺類の場合、伸びきってこれもまたおいしい?wwww

食事も全てお布施だからな、感謝して頂くのじゃ。


016bfrfgrgrg.jpg


さて、部屋内部もこの際一般公開いたす。

外国人専用の部屋棟があり、こちらもお布施である。

男女別になっており、完全個室である。

旅行じゃないからな、静かにするところじゃ。

ぺちゃくちゃ話して遊んでいると、外に放りだされるからな。

ゲストハウスとは違うからな。

部屋はトイレ シャワーもあり、ベットと扇風機、それとうす暗い照明のみ。

夜間、照明つけても読書できんからな。



028vrfvrefefefef.jpg


わしの部屋から見た男子部屋だ。

まるでリゾートでしょ?


018grgrfgrerg.jpg


ある日の昼食メニューじゃ。


021vrfrfgrgr5g5rg.jpg


こちらは朝飯。

チェンマイ名物 カオソイ。カレー風味のラーメンじゃ。

町で食べるよりボリュームがあるぞ。wwwwww


025cfefcefefeff.jpg


こちらは僧侶が食べる特別料理じゃ。


026gtgrfgefefef.jpg


フルーツのバナナも付いておる。

街中で食べる料理より豪華?じゃ。

しかし、わしは喜んで食べておったが、西洋人には口が合わないようだった。


019vrvrvr4grg.jpg


食事前にはきちんと仏像に礼拝して、


020vrgrfrcdfef.jpg


弟子の僧侶たちの先生がまずは、その日のご挨拶、それからお経をあげて、


023vrfrfr4gr4dced.jpg


きちっとした人にはとても良い雰囲気。

わしもそう思うのじゃ。

こちらはシャム猫?

タイ人らしく温厚で人懐こい?wwwwww


024vcrrceded.jpg


猫好きなわしは、久々に猫さんから擦り寄られた。

女性には嫌な顔されることが多いわしじゃが?・・・・・


027hrtgrfgefef.jpg


わしも家があれば、猫と犬を飼うのじゃが、

根っからの風来坊の性分か、死ぬまで放浪生活じゃ。wwwwwww


029frefergg4rg.jpg


仏塔に登って掃除をしているタイ人男性は、とてもよく働く。

これも布施である。


030rgrfe4fefr3er.jpg


タイ人は死ぬと火葬して、寺に納骨されるそうだ。

だから日本のように墓石はないと聞いたことがある。


031rgvrggr4eff.jpg


外国人の中で一番瞑想に来る国は、中国、次にベトナム アメリカ ドイツ。

日本人は、年間に12人、それでも7位まで増えてきたそうだ。wwwwww

時間がないと寺に篭れないからな。


032vrfrefefefef.jpg


わしもブログで紹介するのは、寺の広告塔として、

宣伝することも布施と考えているからだ。


033brvgrfefef.jpg


寺の住職は、わしと同じ歳で、すでに海外においても幅広く活躍している。

現在の住職になってから境内の中は、建築ラッシュで毎年 設備建築に忙しい。

よくこれだけ金が集まるなと感心してしまうね。

すべてお布施だ。

こちらの寺では、布施の強要はない。

いくらなんでもタダで、バイバイというわけにいかんじゃろ。

わしだってお布施は相場に合わせてしてくるのだ。


034vtvrtvrtvtv.jpg


さて、それでは1日に何時間くらい瞑想するかと言うと、

最初6時間位から始まり、平均して最低10時間くらいかな?

10日間コースと26日間こーすがあり、やはり26日間コースが良い体験ができるだろう。

ウイバッサナ瞑想法と言って、歩行瞑想と座位瞑想と合わしてやる。

この場では、瞑想に付いては わしの口からは記述しない。

入門手続きは、まずは外国人 担当者に英語かタイ語で問い合わせること。

いついつ、何時に寺に来るよう言われるからね。


035vrv5fv5f5f.jpg


写真の電話番号に問い合わせてみてね。

いたずら電話はお断りだって。wwwwww

そんなアホいるのかい?wwwwwwwww

世の中、いろんな動物 失敬!人間おるからな。wwwwwww


気が向いたら更新します。・・wwwwwww


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2013/06/30(日) 10:00:51|
  2. 2013年 タイ チェンマイ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://tomodachi3434.blog72.fc2.com/tb.php/332-eb4e016f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ともちゃん2号

Author:ともちゃん2号
わしのブログは2つありまして、
フィリピン関係はフィリピン針生旅日記。
フィリピン以外の国は、
こちらでご覧ください。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
ご挨拶 (11)
日本 大阪 (2)
新鑑真号 (1)
中国 上海 (1)
杭州 (4)
南京 (3)
河南省 鄭州 (3)
西安 (4)
四川省 成都 (1)
黄龍渓 (4)
四川省 小金市 (3)
四川省 四姑娘山 (5)
麗江 (6)
シャングリラ (6)
大理 (4)
昆明 (2)
建水 (5)
元陽 (7)
河口 (2)
蒙自 (2)
景洪 (5)
孟海 (1)
打洛 (1)
モンラー (1)
モーハン (1)
南寧 (2)
ハノイ (3)
マカオ (3)
中越旅行 (12)
珠海 (1)
ハロン湾 (1)
ベトナム サパ (7)
ベトナム ドーソン (2)
 ベトナム ハイフォン (1)
ベトナム イエンバイ省 (4)
ベトナム ハノイ (3)
ベトナム CAT BA島 (1)
ラオス ルアンナムター (2)
ウドムサイ (1)
ノンキャーウ (1)
ムアンゴイ (3)
ルアンパバーン (6)
バンビエン (2)
ビエンチャン (1)
ラオス  フェィサーイ (1)
ラオス  サワンナケート (1)
ラオス  南部 コーンの島々(シーパードーン) (1)
ラオス  チャンプサーク ワットプー (2)
ラオス  コーンの島々  コーンパペンの滝 (1)
ラオス  コーンの島々 (1)
ラオス ボンサリー (1)
ミヤンマー タチレイク (3)
タイ バンコク (2)
チェンマイ (2)
メーサイ (2)
タイ チェンセーン (5)
タイ  チェンコーン (1)
ワット ラングポーン (1)
タイ  ナコンパノム (1)
タイ   パタヤ (3)
カンボジア   プノンペン (5)
カンボジア  シアヌークビル (1)
オーストラリア ブリスベン (18)
 オーストラリア ゴールドコースト (29)
フィリピン旅行? (1)
ラ ユニオン サンフェルナンド (1)
フィリピン アンヘレス (1)
その他 (0)
自作小説 (8)
ベトナム ラオカイ (1)
2013年海外逃亡編ベトナム ナムディン省 (2)
2013年海外逃亡編ベトナムドーソン (1)
2013年海外逃亡編 ベトナム クアンビン省ドンホイ (0)
2013年ベトナム クアンチ省 ドンハー (1)
2013年ベトナム フエ (1)
2013年ベトナム ホイアン (2)
2013年ベトナム クワンガイ省 Son my村 (1)
2013年 ベトナム ゲアン省 VINH (ビン) (1)
ベトナム ニンビン省 ニンビン (1)
2013年ベトナム タイビン (1)
ベトナム ハノイ バッチャン (1)
2013年中国 河口 (1)
2013年 タイ バンコク編 (1)
2013年 タイ チェンマイ (1)
2013年 タイ北部 パヤオ (1)
2013年 タイ北部 ランパーン (1)
2013年 タイ北部 スコータイ (1)

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。